420時間で資格を取得 通信で日本語教師養成講座

通信で日本語教師養成講座420時間 世界のどこにいてもいつでもスタートできる通信で日本語教師養成講座420時間の修了講座の案内!
通信で日本語教師養成講座

卒業生3000名以上の実績!通信で取得できる日本語教師養成講座420時間

通信で日本語教師養成講座420時間は、文字通り通信講座で日本語教師養成講座420時間の資格が取得できる講座です。通常日本語教師養成講座は、通学で行っている機関が多いですが、この通信は、通学したいが地理的、資金的、時間的制約などで通学できない方にも同様にこの資格の取得を提供する事を目的として創られたものです。従って、日本国内どこにいても、ひいては世界のどこにいても、始めたいときに自分のペースで始める事ができるのがこのコースの最大の特長です。

日本語教師通信講座ひらがな表

もちろん、日本語教師養成講座としての内容も充実していて、創設から20年の歴史があり、卒業生は3000名以上の実績もあるので安心して受講する事が出来ます。

通常、日本語教師養成講座は直接法といって日本語を使って日本語を指導する手法のみを指導している講座ばかりですが、この講座のもう一つの特徴として英語を使って指導する間接法も習得できます。この両方の手法を兼ね備えるとどのような状況でも場面でも指導する事ができるので日本語教師としての幅を広げてみたい方にも適した講座といえます。

実際に日本語を日本語学習者に指導する際のテキストも教材の中に付随していますので、修了後はそのテキストを使って即実践として活用する事もできるのもポイントです。 その他にも、この通信の講座ならではのいろいろな特長があります。



通信で日本語教師養成講座の特長

日本語教師通信講座の学習風景

  • 直接法と間接法を習得できる
  • 文化庁の新ガイドラインの指針に沿った授業内容で420時間の修了証発行
  • 世界のどこにいても、近くに養成講座機関がなくても学習できる
  • いつでもスタート可、自分のペースで学習もできる
  • 半年間で修了も可能(平均は1年間くらいで修了)
  • 授業料はわずか1740豪ドル!日本の養成講座機関の約1/4〜1/3程度の費用
  • 充実した教材、教本、目で見て学習するDVDの提供
  • 日本語教育能力検定試験対策も含む
  • 記述式の課題提出のためより深く学習でき身につきます

【補足1:直接法と間接法】
日本語教師養成講座の中で他の講座との大きな違いの一つです。通常は日本語を使って日本語を指導する直接法のみを学習しますが、この講座は、世界の共通言語である英語を使って日本語を指導する間接法も学習します。特に、日本語初学者には学生の母国語(英語など)を使って指導するほうが理解をさせやすいので、この間接法の手法を知っていることは、日本語教師としての幅が広がりますし、世界のどこに行っても指導ができます。

【補足2:受講場所、時間を問わない】
通信講座であるゆえの大きな特長です。日本国内においても都市近郊にお住まいであれば、通学して同様の講座を受講することも可能ですが、地方や、例えば離島においてもこの講座を受講し日本語教師になりたいと思っている方も多いと思います。また、海外に在住の日本人は、日本語を教える機会が実は結構ありますが、残念ながら通学でこの講座を受講することはできません。そういったすべての方々にこの講座を受講して頂けますし、受講期間も最大3年間で修了頂ければ、修了証発行の対象となります。ご自身のペースの中で受講ができるのも最大の特長です。


動画 通信で日本語教師養成講座の授業を覗いてみよう

教材『教え方 実践収録DVD』より

通信で日本語教師養成講座 開校日、費用及びお申込の流れ

開校日

いつでも受講開始可能。お申込後即日に教材を発送しますので、教材が届き次第いつでも受講開始できます。尚、講座は大きく分けて前半の基礎コースと後半のマスターコースに分かれますが、前者は最大1年間、後者は最大2年間の受講期間が設けられていますので、それぞれその期間内までに終了するように受講下さい。尚、一般的には、トータルで1年間程度で修了されている方が多いようです。

参加条件・ビザなど

ビザイメージ写真特に問いません。通信講座が受けられる環境であれば問題ございません。最近は、世界中どこでも、インターネットが利用できる環境のため、インターネットを利用しての課題提出者が一番多いです。この方法は郵送などによる課題の到着遅延や紛失などを防ぐ効果もあるのでお薦めの受講方法ですが、他に郵送、FAXにての課題提出方法も選択できます。尚、日本にいても海外にいてもどこでも受講可能ですし、受講中、引越しなどで転居が移転したとしても継続することは可能です。

尚、この通信講座の修了後、有給日本語教師またはボランティア日本語教師の活動を日本語教師派遣プログラムを通じて行いたい場合は、各派遣国で活動できるビザの取得が必要です。各派遣国によって該当するビザは異なりますので、詳しくはお問合せ下さい。

評価方法

日本語教師養成講座修了認定書基礎コース、マスターコースとも全10回ずつ、1回あたり10問の設問が記述式で課される課題を提出します(合計で20回の課題提出、200問の設問)。評価は各課題ごと添削されて返ってきますので十分に復習を行い、次の課に進んで下さい。前半の基礎コース及び後半のマスターコースを修了した受講者へは、日本語教師養成講座420時間の修了証(講座修了認定証)を発行します。

費用

プログラム名 期間 通常価格 費用に含まれるもの
通信で養成講座 半年間〜 1,740ドル
  1. プログラム運営費
  2. 入学金・教材費・添削費用
  3. 修了証発行
☆オプショナル
一般講座(前半部分)受講のみも可能・・・990ドル その後マスター講座750ドルを受講可能(全コース修了で420時間修了)
  • ※ 1,740ドルの費用には入学金、学費、教材費、管理費、実習費含みます
  • ※ 実際のお支払は日本円に換算した額をご請求申し上げます(オーストラリアドルで弊社オーストラリアの口座宛のご送金も可能)
  • ※ 尚、日本円でお支払の際には特に海外送金手数料は頂いていません ( 無料です )

※以下のRefund Policyをお読み頂き問題なければお申込下さい。また、詳しい講座規約はお申込みのページに記載していますのでそちらも良くお読み下さい。

Refund Policy
原則として、受講契約成立後において、専ら受講者自身の一方的な都合等により、契約を解除することは出来ません。また、受講契約を中途解約することも出来ません。契約は受講料の入金またはクレジットカード詳細提出時に成立します。ただし、次に掲げる事項に該当するなど、当校がやむを得ない事情と認めた場合には、この限りではありません。
(1) 本人が死亡した場合
(2) 重病や事故により受講継続が不可能な場合。この場合、医者からの受講継続不可能な診断書の提出が必要になります。
前項(1)(2)において、契約の解除をする場合、契約後から契約解除までの受講料(教材費及び送料を差し引いた額)は既に行われたワークシートの添削回数分を差し引き、残額を返還します。ただし、返金に関する費用(送金料等)は全て本人の負担となります。
教材のテキスト、DVD、CDはいわばソフトであり、契約成立後では、上記1の場合を除いて契約を解除することはできません。ただし、教材等の返品については、書籍類(テキスト等)の乱丁・落丁及び視聴覚教材類(DVD・CD等)の不良品との交換の場合に応じます。
法律上のクーリングオフの適用はありませんが、上記のように書籍類及び視聴覚教材の交換には、いつでも応じます。

お申込方法

内容を確認して、受講を希望した場合、オンラインお申込みフォームにて送信又は、お申込み用紙(PDF)をダウンロードして弊社宛まで郵送ください。弊社にて内容を確認次第必要な手続きにはいらさせて頂きます。お申込手続き修了後、おおよそ1週間程度以内に教材が到着します(実際の到着日数は、お住まいの地域によります)


通信で日本語教師養成講座 卒業後の進路

通信で日本語教師養成講座を修了した後はの進路は様々です。以下ご参考の上、ご自身にあった進路を選択して頑張って下さい。

1.日本語教師として就職する

講座では、直接法および間接法にて十分な指導方法を学習し日本語教師養成講座420時間の修了証を手に入れたので、そのまま日本語教師として就職することは可能です。ただし、通信講座ゆえに、実践部分の履修が少ないだろうとの予測の下、特に日本国内の日本語教育機関では採用試験に進む事が出来ない場合もあります。ご自身の就職をしたい機関が決まっている場合は、予めその採用条件を確認しておくことをお薦めします。尚JICAなど公的機関への就職の実績もあるなど、通信講座出身だからと言って就職できないわけではありません。通学と変わらない日本語教師養成講座420時間の修了証であるためです。ただ、採用はあくまでも一般企業と同じ様に、その機関の採用条件があるのでそちらをご確認の上、就職に臨んで下さい。尚、BBIでは就職のサポートもしています。

2.日本語教師として有給インターンシップを経験する(直接法で指導)

十分に学習したけど、通信講座であったので実践部分の自信をもう少しつけたい、もう少し現場で経験したい方にお薦めなのが、日本語教師有給インターンシップです。現在、オーストラリア、タイ、モンゴルでこのプログラムは可能で、実際に教壇に立って日本語教師としてのキャリアをアップして下さい。

3.日本語教師ボランティアとして経験する(間接法・直接法で指導)

通信講座修了生が、他の講座と比べて一番得意とする分野です。この講座は間接法の指導方法も学習しますが、その実践が経験できるのが、日本語教師ボランティアインターンシッププログラムです。現在、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリス、ドイツ、タイ、台湾、モンゴルでボランティア日本語教師インターンシップは可能で、特に英語圏の派遣先では、英語を使った指導方法間接法を駆使しながら活動をすることができます。この講座終了後に挑戦しても良いですし、講座受講中に並行してこのプログラムに参加することも可能です。現地の小・中・高校で活動したい方は、最適な方法です。

日本語アシスタント教師に役立つクラス内での英語表現集など紹介

この通信で日本語教師養成講座の教材内には、付録として、特に英語を使って日本語アシスタント教師をする方にこの活動を成功させるための方法も紹介しています。

「クラス内での英語表現集、日本語アシスタント教師(日本語教師ボランティア)としての心構え、派遣校でのニーズの応え方、ご自身のアピールの事、トラブルにあった時の解決方法、日本語担当先生や学校内での円滑な付き合い方・対応の仕方」などなど、実際の現場での活動に役立つ内容も学習できます。従って、この日本語教師アシスタント(ボランティア)の活動と同時進行でこの講座を受講することもとても効果的な方法です。

 

卒業後の就職実績

卒業生の就職先の紹介(オーストラリア国内のみ記載)


  • シドニートヨタ
  • アルティモTAFE
  • グランビルTAFE
  • アデレード大学
  • マッコーリーバンク
  • シドニー日本語補習校
  • キャメレー小学校など