オーストラリア・ゴールドコーストで日本語教師養成講座

ゴールドコーストで日本語教師養成講座420時間 短期8週間で420時間。みんなの日本語50課の教案作成、日本語教育能力検定試験対策講座など!
ゴールドコーストで日本語教師養成講座

ゴールドコーストで日本語教師養成講座は、日本語教育能力検定試験対策付き!

ゴールドコースト風景

ゴールドコーストの日本語教師養成講座420時間は、8週間で日本語教師養成講座420時間の修了証が取得できる事が、最大の特長となります。8週間と短期ですが、文化庁が示す指針に沿ったシラバスの講座内容としており、日本にある日本語教師養成講座420時間と同じ修了証となります。ただ、8週間で全てをこなしますので、当然のごとく、8週間はこの講座に集中して臨まなければならず、その事は受講するにあたっての条件となります。
また、教授法に関しては『みんなの日本語』に沿って学習をしていきますが、全50課ある内容に関して各課、教案の作成も必要で、多くの教案作成も実習していきます。また、実践に関しても力を入れており、毎週のように模擬授業が行われますが、その中でも教える力を培っていきます。
尚、この実習に関連してご希望者のみですが、アシスタント研修という実習も受ける事ができます。これは、併設の日本語学校における日本語授業にアシスタントとして参加することができ、オーストラリア人相手に授業を行っているクラスに参加することができます。基本的にメインの日本語教師の授業の中での参加ですが、実践を見ることもでき将来の日本語教師の活動に役立つ内容です。
また、この講座のもう一つの最大の特長が、日本語教育能力検定試験に力を入れている事です。この講座の最終週には、検定試験対策用の模擬試験が行われます。またその解答の解説の授業もあり、日本語教育能力検定試験の合格を目指している方にもとても有益な講座内容としています。
以上のようにこの講座は8週間の短期間の中盛りだくさんの内容で対応をしていきますので、本気で日本語教師を目指している方に向いた日本語教師養成講座です。

ゴールドコーストで日本語教師養成講座の特徴

ゴールドコースト日本語教師の授業風景
  • 直接法の指導方法を習得
  • 文化庁の新ガイドラインの指針に沿った従業内容
  • 少人数制で徹底指導(最大8人まで)
  • 超短期!全8週間で420時間の資格取得
  • 日本語教育能力検定試験対策及び模擬試験実施
  • みんなの日本語全50課の教案作成
  • 併設日本語学校にて、日本語授業に参加可能(アシスタント研修)
  • 一歩外に出れば異文化環境、英語環境

【補足1:8週間で取得の意味】
8週間で420時間を終えることは、盛りだくさんな内容を短期間で集中的に学習することとなります。講座には、講義以外に、模擬授業実施、教案作成、エッセイ作成などレポート提出もあり、休んでいる暇はありません。真剣に集中して学習する心構えで臨んで下さい

【補足2:日本語教育能力検定試験対策】
講座の最終週は主にこの講義を行います。具体的には検定試験の模擬試験及びその解答解説の授業です。日本語教育能力検定試験合格も目指している方には特に、有益な内容でこの講座の特長にもなります。


動画 ゴールドコーストで日本語教師養成講座の授業を覗いてみよう

日本語理論の様子

日本語理論の様子

アシスタント研修の様子

アシスタント研修の様子

ゴールドコーストで日本語教師養成講座 開校日、費用及びお申込の流れ

開校日

【2017年】
  • ※今年は学校都合により開講しません。

参加条件・ビザなど

ビザイメージ写真

18歳以上であれば特に問いません。ゴールドコーストにこれる方であればどなたでも受講する事可能です。参加に当ってビザは、ワーキングホリデービザ保持者又は観光ビザ(ETAS)にて受講頂きます。

尚、講座修了後、オーストラリアで日本語教師としてのキャリアアップを計るために、現地の小中高校で日本語アシスタント(ボランティア)として活動する事も可能。また、民間日本語学校で有給インターンシップとして、直接法の日本語教師の実習を行う事も可能です。その場合は、ワーキングホリデービザが取得できることとその残存期間が必要です。

費用

プログラム名 期間 通常価格 費用に含まれるもの
ゴールドコーストで養成講座 2ヶ月間 4,400ドル
  1. プログラム費用
  2. 出発までのサポート
  3. 入学金・授業料
  4. 修了証発行
  5. 現地サポート費
☆オプショナル(別途以下の費用が掛かります。2011年の費用)
ホームステイアレンジ費用・・・176ドル
ホームステイ費用・・・250ドル/週(毎日3食付、4週間以上、往復送迎付き)。
ゴールドコーストは公共交通機関があまり発達していないことからホームステイ先と学校との往復送迎付きで上記の手配をしていますが、ご希望によりそのサポートなしで対応することもできます。その場合は230ドル/週(毎日3 食付、4週間以上)となります。ご希望の方はお申し付けください。
また、ご希望であればホームステイ内でインターネットを利用することも可能です。その場合は使用料として10豪ドル/週別途かかります。
初日空港お出迎え費用・・・ゴールドコースト空港60ドル、ブリスベーン空港130ドル
  • ※4,400ドルの費用には入学金、学費、教材費、管理費、実習費含みます
  • ※実際のお支払は日本円に換算した額をご請求申し上げます(オーストラリアドルで弊社オーストラリアの口座宛のご送金も可能)
  • ※尚、日本円でお支払の際には特に海外送金手数料は頂いていません ( 無料です )
  • ※ホームステイ費は上記の様に2種類あります。お申込時にどちらをご希望かお申し出下さい
  • ※空港お出迎えをご希望の場合、到着される空港により費用も異なります
     
  • 以下のRefund Policyをお読み頂き問題なければお申込下さい。
     
  • ・ 一旦納めた学費は原則として返還いたしません

お申込方法

内容を確認して、受講を希望した場合、オンラインお申込みフォームにて送信又は、お申込み用紙(PDF)をダウンロードして弊社宛まで郵送ください。弊社にて内容を確認次第必要な手続きにはいらさせて頂きます。


ゴールドコーストで日本語教師養成講座 卒業後の進路

ゴールドコーストーで日本語教師養成講座を修了した後の進路は様々です。以下ご参考の上、ご自身にあった進路を選択して頑張って下さい。

1.日本語教師として就職する

講座では、十分に教壇での実践力を鍛えられたので、そのまま日本語教師として就職することは可能です。実際に、この講座の卒業生の実績としてもそれが言えます。従って自信のある方は、各日本語教育機関に応募され、採用試験に臨んで下さい。講座期間中にも最新の求人募集情報を学校で紹介しています。また、BBIでも就職サポートをしています。 

2.日本語教師として有給インターンシップを経験する(直接法で指導)

十分に実践をしたけど、まだもう少し実践を現場で経験したい方にお薦めなのが、日本語教師有給インターンシップです。現在、オーストラリア、タイ、モンゴルでこのプログラムは可能です。

3.日本語教師ボランティアとして経験する(間接法・直接法で指導)

直接法の指導方法は勉強したけど、幅広い日本語教師になるために間接法の日本語教師も経験してみたい、また単純に、英語圏等で日本語教師の現場経験を積みたいと考えている方にお薦めなのが、日本語教師ボランティアインターンシップです。現在、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリス、ドイツ、タイ、台湾、モンゴルでボランティア日本語教師インターンシップは可能で、1週間からの短期でも対応可能な派遣国もあります。これまでの経験から言うと、特にシドニーがあるオーストラリアで、講座終了後そのままこのプログラムを利用して小・中・高校で活動される方が多いです。詳しは以下のページをクリックください。